ええもん研究中

革靴のサイズがゆるゆるでカカトが脱げる!そんな時は、サフィールのオススメの中敷き「アナトミックインソール」で革靴のサイズ感を調整しよう!

  • 2021年5月22日
  • 2022年11月2日
  • 靴小物
  • 1953view
スポンサーリンク

インソールってどんな時にいれる?

 
ヤワタ博士
履いた時に革靴と足に密着感が無かったり、歩くときにカカトが脱げそうな場合はインソールを入れてサイズ調整することをおすすめします。

インソールは靴のサイズ感を調整したり、歩行時の足への衝撃を吸収してくれるものです。

インソールといっても様々な種類のものがあります。

その中でも革靴に対して使用するインソールは、サイズ感を調整するために入れることを目的とする場合がほとんどではないでしょうか。

 
ヤワタ博士

革靴用のサイズ調整用のインソールといっても、たくさんの種類があるためどれを選べばいいのか悩みますよね。今回ご紹介するインソールは、踵が脱げそうになるくらい大きなサイズ感の革靴を持っている方におすすめしたい”ええもん”です。

サフィールのアナトミックインソールをオススメする理由?

 
ヤワタ博士
靴を購入するときに、ジャストサイズで買えたならばインソールを入れるかを悩む必要は基本的にはありませんが、大きめのサイズを買ってしまい悩んでいる方に大変おすすめです。
 
助手のヤッコちゃん

特に小指いっぽんくらいの隙間はこのサフィールのアナトミックインソールを使用すれば解決してくれるギョ

Sponsored Link

ゆるい革靴のサイズ調整が出来る

 
ヤワタ博士
踵が脱げそうになるほどのサイズ感の革靴には、是非サフィールのアナトミックインソールをおすすめです。

他のインソールに比べて厚みがあるので、調整幅が結構大きいです。

私が大きめの靴を履いている時の写真です。

指一本分の隙間が足とカカトの間に空いてしまっています。

 
助手のヤッコちゃん
この革靴を購入するときに、ちゃんと試し履きしたギョか?・・
 
ヤワタ博士

当然試し履きはしたけど厚めの靴下を履いてしまっていたので、それに合わせた結果、普段履く靴下の厚さではサイズが合わなくなってしまったんだよ・・あとは革靴が馴染んだことも原因かな。

 
助手のヤッコちゃん
なるほどギョ・・靴のサイズを合わせる時は普段履く靴下で行くことが大事ギョね
 
ヤワタ博士
ただ、サイズ選びに失敗してもサフィールのアナトミックインソールを入れれば、ご覧の通り隙間を無くしてくれます。
 
助手のヤッコちゃん
あんなに空いていた隙間をなくしてくれたギョ

アナトミックインソールの場合は大体、0.5~1.0cm未満くらいはサイズ調整可能です。

自分の足より大きな靴を履いてしまうことで下記のようなデメリットがあります。

  • 歩行時に足に負担がかかり外反母趾などの足の病気になる可能性がある
  • 靴が脱げてしまう可能性がある
  • 大き目のシワが入りやすくなるので見た目が悪くなる
 
ヤワタ博士

特に革靴好きにとっては、シワが大きく入ってしまうことを嫌う方が多いので、サイズが合ってないなと思った段階で早めにインソールを検討することをオススメします。

 
助手のヤッコちゃん
サフィールのアナトミックインソールを入れれば、こんな悩みから解放されるギョね!

歩き心地を改善出来る

このアナトミックインソールは人間工学に基づいた3D設計で足の3つのアーチをしっかり支えるといった売り文句があります。

 
ヤワタ博士
サフィールのアナトミックインソールは足のこと、歩くことを研究しているプロフェッショナルが研究して作り出されたものなので、足に対して”ええもん”であることに違いないでしょう。
 
助手のヤッコちゃん
もはや人間工学という単語を見るだけで期待出来るギョね

アナトミックインソールは足の内側、外側のアーチ部分のクッションサポートがしっかり入っているので、歩いているときにしっかり補助してくれます。

 
ヤワタ博士
インソールが足を包み込んでくれる感じがします。

歩行時の衝撃吸収の性能が良く、歩き心地が抜群です。

スニーカー並みの履き心地とまではいきませんが、革靴の中では断トツの履き心地になることは間違いなしです。

Sponsored Link

防臭効果あり

 
ヤワタ博士
サイズ調整と歩き心地の向上以外にも防臭まで期待できます。

サフィールのアナトミックインソール消臭効果を期待できます。

その秘密はインソールの裏側にあります。

そこには活性炭配合のラテックスシートが貼られています。

 
助手のヤッコちゃん
匂いと取り除くと言えばこの「活性炭」が定番ギョね
 
ヤワタ博士

活性炭はごみ焼却場の脱臭装置にも使用されるほど、匂いの除去性能に優れています。


サフィールのアナトミックインソールの気になる点は?

 
ヤワタ博士
普通のインソール3~4枚買えるくらいの金額します。

インソールの中では比較的高価

インソールの値段はピンキリで、安い物は100均で売っていますし、ちょっとした革製の物でも1000~2000円くらいで購入出来ます。

その中でもこのアナトミックインソールは3000円程で販売されています。

 
助手のヤッコちゃん
もはや100均のインソールなら30枚も買えちゃうギョ・・
 
ヤワタ博士

ただ、安いインソールはサイズ調整が出来ても歩き心地が逆に悪くなるパターンもあるのでご注意を。まるで木の板を革底に付けて歩いているかのような歩き心地になるものもあります。笑

微調整には向いていない

良い点で0.5~1.0cmの調整の良いと書いた通り、微調整には向いていないので注意が必要です。

 
ヤワタ博士

サフィールのアナトミックインソールが出番になる目安は、踵が脱げそうになるようなときでしょうか。ちょっと緩いくらいなら普通のインソールを試す方が無難です。

 
助手のヤッコちゃん

アナトミックインソールを入れることで逆に窮屈になってしまうと、かえって足に悪影響なので気を付けるギョ。

0.5cm以下のサイズ感の調整にはペダックのレザーハーフインソールをお勧めします。

関連記事

  ヤワタ博士 ほんの少しだけ革靴のサイズ感を詰めたい人や、歩くたびに足が革靴の中で動いて気になる人におすすめなのがペダックのレザーハーフインソールです。   助手のヤッコちゃん ペダッ[…]

サフィールのアナトミックインソールは経年変化を楽しめます。

 
ヤワタ博士
革製のインソールなので、履けば履くほど渋い色に経年変化していきます!

まだアナトミックインソールに出会ってから、半年くらいしか経っていませんが、少し色が深くなりました。(分かりづらすぎますね笑)

インソールといえ、革なのでしっかり経年変化してくれます。

どんな感じで渋く変化していくのかこれからに期待です。

また安いインソールですと、半年くらいでヘタって使えなくなるのですが、アナトミックインソールはまだまだいけそうです。

耐久性を考えると最終的には安いインソールと出費面では大差ないかもしれませんね。

総評

今までは中々、満足のいくインソールに出会えずにサイズ調整や履き心地の悪さに苦労しましたが、思い切ってこのサフィールのアナトミックインソールを購入したことで、ベストサイズで履くことが出来、歩く時のストレスがなくなりました。

またアナトミックインソールは取り外して他の革靴にも使用することが出来るので、使いまわすことも可能です。

少し、高価なので勇気がいりますが絶対期待に応えてくれると思います。

革靴のサイズ感でお悩みの方は是非ともお試しください。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!