ええもん研究中

ペネトレイトブラシを使って手を汚さず経済的に革靴をお手入れしよう!

  • 2021年7月4日
  • 2022年11月19日
  • 靴小物
  • 25view
スポンサーリンク
 
ヤワタ博士
革靴に乳化性のクリームを塗るときに、布で塗ったり、指に付けて塗ったりする方法がありますが、ペネトレイトブラシを使うことが一番コスパよくお手入れすることが出来ます。

ペネトレイトブラシとは?

ペネトレイトブラシは、靴クリーム塗布用のブラシです。革靴のお手入れ用ブラシは大きいものもありますが、こちらは小さいサイズが故に扱いやすく、細かいところも塗ることが出来ます。

 
ヤワタ博士
ペネトレイトブラシで靴クリームを塗って、乾燥させた後に大き目の豚毛ブラシでブラッシングしてクリームを浸透させていきます。
 
助手のヤッコちゃん
ちなみに、ペネトレイトブラシの”penetrate”には浸透させるといった意味があり、直訳すると浸透させるブラシという意味になるギョ。

ペネトレイトブラシには大きく分けて二種類あり、「豚毛」と「馬毛」があります。

ペネトレイトブラシで一般的に使われるのは「豚毛」の方だと思います。

豚毛」はスムースレザー等に使用され、「馬毛」はカーフレザーなどのソフトレザーに使用されることが主流です。

基本的に「豚毛」をメインで使用するようにして、豚毛のようなコシのあるブラシを使うと傷付きそうな革には、「馬毛」を使用するような使い分けをするといいでしょう。

 
助手のヤッコちゃん
コートバン素材の革製品には馬毛ブラシを使ったりといった感じギョ
 
ヤワタ博士
ペネトレイトブラシは500円くらいで入手することが出来る値段設定もGOODです。
 
助手のヤッコちゃん

ペネトレイトブラシを使用するときは、クリームの色ごとに使い分けるようにするといいギョ。一個で使いまわすと使用するクリームに他の色のクリームが混じってしまうことがあるので気を付けるギョ!

乳化性クリームを塗るのにペネトレイトブラシが一番いい理由

 
ヤワタ博士
乳化性クリームを塗る方法は色々試しましたが、ペネトレイトブラシを使うことが一番いいと気が付きました。
Sponsored Link

細かいところまでクリームを延ばし広げることが出来る。

手や布などでは届かないような隙間にもブラシが入り込み塗り広げることが出来ます。

 
ヤワタ博士
ブラシでないと永遠にクリームを補給できない箇所が出来てしまい、そのままにしておくと革の9割は綺麗な状態なのに、その細かいところがヒビ割れて、そこからヒビが広がっていき革靴がダメになってしまうことがあります。
 
助手のヤッコちゃん
しっかり塗り残しをなくすということが革靴のお手入れでも大事なことギョね。

手が汚れない

手でクリームを塗る場合は、当たり前ですが指に付着してしまうので汚れてしまいます。お手入れ用のクリームが手に付着すると洗っても中々取れないので注意が必要です。

ペネトレイトブラシならまったく手を汚すことがありません。

 
ヤワタ博士
指の皮に浸透していってしまい、石鹸で洗っても取れにくいです。
 
助手のヤッコちゃん
お手入れ後にデートがあるときは絶対にペネトレイトブラシを使うギョね。
Sponsored Link

クリームを無駄なく使える

布でクリームを塗る場合は、クリームを余分に取ってしまうことが多いのではないのでしょうか。それは布自体にもクリームが浸透してしまうため、少し多めに取らざるを得ないからだと思います。

ペネトレイトブラシを使うことで、クリームを取る量を抑えることが出来るので無駄が減り経済的であるといえるでしょう。

 
ヤワタ博士
布はあくまでも磨きの時に使う道具と割り切って、クリームを塗布することには使わない方が無難でしょう。
 
助手のヤッコちゃん

タクヤ博士が布でクリームを塗っていた時期は、クリームの減りが早いギョし、なによりも布にクリームの色が付いちゃって布を消費する数が多くなったギョ。ブラシを使えばそんな心配はなくなるギョ。

ペネトレイトブラシを使う上で気になる点は?

ペネトレイトブラシを初めて使う方に特に気を付けて欲しいことです。

ペネトレイトブラシでクリームを塗って満足してそのまま放置しておくと、クリームの成分にもよりますがカチカチになってしまうので注意が必要です。

 
ヤワタ博士
絵具を使って絵を描いた後の放置した筆といった感じのカチカチ具合になります。
 
助手のヤッコちゃん

ヤワタ博士も初めて使った時にそのまま放置してカチカチになってしまって、ペネトレイトブラシって使い捨てなのかよって絶望してたギョね

 
ヤワタ博士

あの時はどうしようもなくて捨てちゃいましたけど、カチカチになったブラシを復活させる方法があります。

  1. 40度くらいのお湯を用意する
  2. 用意したお湯に中性洗剤を少し混ぜる
  3. ペネトレイトブラシに付けて手で優しくブラシをほぐす
  4. 布やキッチンペーパーなどで水気を取り、風通しのよいところで乾かす
 
ヤワタ博士
クリームに含まれる油分などが原因でブラシが固まってしまうので、お湯で溶かして中性洗剤で綺麗にしていくといった感じです。
 
助手のヤッコちゃん

ペネトレイトブラシでお手入れした後は、お湯で少しすすぐようにすれば固まることを防げるギョね。

まとめ:乳化性クリームの塗布にはペネトレイトブラシが一番適している

手を汚さずに効率よく革靴にクリームを塗り込むことが出来るペネトレイトブラシは、自分のお手入れの質をグンッと上げてくれる”ええもん”です。

ペネトレイトブラシは比較的に安く入手することが出来るので、まだ使ったことがない方は是非とも試してみて下さい。

【ええもん】 M.MOWBRAY モゥブレィ ペネトレイトブラシ クリームを塗るならこれが便利
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!